<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

貧血と漢方

貧血と漢方

血液中にある赤血球やヘモグロビン(血色素)の量が減っている状態を、貧血といいます。赤血球やヘモグロビンが不足すると、全身の組織や臓器に酸素が十分にいき渡らなくなり、エネルギー源が不足して組織や臓器の働きが弱まります。このために、からだがだるい、寒さを人より激しく感じる、ひどい場合は皮膚や粘膜に赤みがなくなるなど、いろいろな症状があらわれます。貧血はさまざまな原因で起こり、それによって、鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、巨赤芽性貧血、再生不良性貧血などに分かれます。中医学では、補血、養血の治療を中心に行います。


加味帰脾湯
もともと胃腸の弱い虚弱体質で血色の悪い人が、貧血や心身の過労によって気分がイライラしたり、落ち着きがなくなったり元気がなく口数が少なくなったりして精神不安や神経症・不眠症を起こしたときに用います。人参・黄耆・白朮・甘草・大棗で消化器の働きをよくし、食べたものの消化吸収をよくし、からだに栄養を与えます。柴胡・山梔子でイライラや落ち着きがない症状を取り去ります。竜眼肉・酸棗仁・遠志で血液を増やし、心の働きをよくします。それによって自律神経が安定し気分を楽にしながら、眠れないという症状を緩和します。顔色が悪く、精神不安、不眠、心悸亢進などがある場合に適しています。体力なく、衰弱しているような人に向く漢方薬です。冷えがあってのぼせがある人にも向いています。
加味帰脾湯(かみきひとう)の通販はナガエ薬局

人参養栄湯
胃腸消化力の低下、疲労倦怠し四肢がだるい、貧血、手足が冷えるなどの症状や、病後の体力が低下した時などに使用します。当帰・芍薬・遠志は鎮静作用があり眠れるようにします。白朮・茯苓は水分代謝を良くし地黄・当帰・芍薬・五味子・遠志で体に栄養を与え元気にしていきます。虚弱体質の人や、病後や手術後で体力が低下している人の貧血に向きます。全身倦怠感、動悸、寝汗、食欲不振、手足の冷えなども、この薬を選ぶ目安になります。
人参養栄湯(にんじんようえいとう)の通販はナガエ薬局

六君子湯
胃に冷えがあるため胃腸の働きが悪くなり、水分代謝が悪くなっているために疲れやすい・軟便傾向・みぞおちあたりがつかえるなどの症状が起こります。人参・白朮・茯苓・甘草で胃を温め弱った胃腸の活動力を高めます。陳皮・人参はみぞおちのあたりのつかえを取り去ります。半夏・白朮・茯苓で胃腸内に停滞している水分を尿として流すことによって、水分代謝をよくしながら症状を緩和します。胃腸機能が低下している人の貧血に使われる漢方薬です。食欲不振、みずおちのつかえ、イライラなどの症状がある場合に適しています。
六君子湯(りっくんしとう)の通販はナガエ薬局

苓桂朮甘湯
消化器に停滞した体内の水分が代謝が悪いために肺の方に集まり、それが鼻水や回転性のめまい動悸・頭痛などとなって現れてきます。茯苓・白朮・甘草で消化器に停滞している水分を尿として流します。桂枝で鼻水やめまい・動悸・頭痛などの症状を緩和します。立ちくらみ、めまい、ふらつきなどを伴う貧血に適した薬です。動悸、息切れ、尿量減少、頭痛などの症状や、胃内停水(胃の辺りを軽くたたくとポチヤポチヤと水音がする状態)がこの薬を選ぶ目安になります。女性では生理不順を伴う場合に用います。
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)の通販はナガエ薬局

当帰芍薬散
貧血・冷えの為、腎や膀胱付近の血液循環が悪くなりその働きが低下した為にむくみが生じます。当帰・川きゅうは血の冷えを温め造血をはかる働きを持っています。芍薬とともに血液の働きを増します。茯苓・白朮で冷えやむくみなどの原因となる体内の余分な水分を尿として流すことによりむくみを改善します。体力があまりなく貧血傾向があり、冷えが強いタイプで、頭が重い、下腹部が痛む、めまいがするといった月経困難症の諸症状が起こる人に向いています。肌荒れや血色が悪いときにも処方されます。生理前にむくんだり、胸が柔らかく張る人によく使用します。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の通販はナガエ薬局

四物湯
冷えのため血液が衰え血液循環が悪くなります。また強い貧血のため血液不足となり皮膚に潤いがなくなります。地黄・当帰は血を補い血液の働きを増す作用があります。芍薬・川きゅうとともに血液循環をよくしうっ血を取り除きます。地黄は皮膚に潤いを与える働きがあります。女性のための漢方薬とも言われ、血を補い血虚を改善する代表処方です。消化器が弱い場合は、人参湯などの処方と併用してください。
四物湯(しもつとう)の通販はナガエ薬局
[PR]
by mkkiri | 2013-09-20 12:39 | 貧血

漢方薬の良さ

先月、奥さんが坐骨神経痛にかかり、困っているので相談にのってほしいと学生時代の友人が突然訪ねてきました。

話を聞いてみると、整形外科で異常がないと診断され痛み止めと湿布を調剤されて一月使用したが、胃が痛んで薬も飲めず、この夏の暑さで食事もとれずに困っている様子でした。

顔や頭はほてっているのに下半身はひどく冷え、クーラーや冷たい飲食で体は重くいたいし、夜の痛みもつらいといっていました。

消化器を温め寒邪をのぞき、体にたまっている湿邪を取り除き、解表を考え、五積散附子理中湯を7日分飲むように勧めました。数日たって電話があり、とてもいい感じだと喜んでいました。

それから一月服用して、今では、すっかりよくなり附子理中湯単独で服用しているようです。

温中散寒・理気化湿・補血活血・辛温解表の治療がうまくいった例でした。


臨床でよくあるのが、陽虚の体質で痛みや、皮膚病を患ってくる人が多くいます。見た目は、熱の症状に見える病も実は、冷えを改善することでうまくいきます。日本中薬連合会の董 巍先生の陽虚の帯状疱疹のブログを拝見し、「帯状疱疹=肝胆の湿熱」だけではない症例をみせていただきました。まだ、この症例をみたことはありませんが、扶陽しなければいけない症例は多くみるようになりました。董 巍先生の漢方サプリ、「通竅つうきょう」を扶陽と補気の組み合わせで使用し、うまくいく症例が増えてきています。
[PR]
by mkkiri | 2013-09-07 15:51 | 漢方薬