<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

目の充血と漢方薬

目の充血と漢方薬

漢方では、眼は五臓六腑の精気の集まるところと言われています。臓器の働きの乱れが様々な症状として眼に出てきます。漢方治療では臓器の乱れを整え、症状の改善を行います。いくつかの薬方を紹介します。

三黄瀉心湯
イライラして体が熱いくらいほてる人の目の充血に使用します。体内の熱が強い為、血液に熱を持ち血管が充血し炎症を起こしやすくなっていて、のぼせや胃部のつかえなどが起こります。また、熱のため強い神経興奮も生じ、めまい・たちくらみなども起こります。黄連・黄ごん・黄柏・山梔子で体内の熱を冷まし充血・炎症を鎮め、みぞおちあたりのつかえやのぼせを取り除きます。山梔子は特に神経興奮を静める働きを持ち、精神不安・イライラを鎮めめまいたちくらみなどの症状を緩和します。
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)の詳細はナガエ薬局

桃核承気湯
便秘がちで、顔色が赤黒く脂ぎってのぼせやすい人で、手足の冷え、肩こりなどの症状を伴う人の目が充血している時に使用します。膀胱付近に熱が強いため、血の停滞を起こし血液循環が悪くなり、神経痛や腰痛・肩こりなどが起こります。また、熱のために便秘や神経興奮も起こり、いらいらなどの神経症状も起こります。桃仁・芒硝で血の熱を冷ますことにより、血の停滞をのぞき血液循環をよくします。甘草が働いて痛みや肩こり・冷えのぼせ・下腹部の抵抗圧痛を取り除きます。桂枝で神経興奮を静めていらいらなどの神経症状を緩和します。大黄で腸の熱を冷まし、便通をよくします。
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)の詳細はナガエ薬局

柴胡加竜骨牡蛎湯
神経の高ぶり、精神不安が強いため、水分代謝が悪くなり、胸苦しさやイライラなどが起こり、目が充血します。竜骨・牡蛎は、腎の働きをととのえかつ沈静的に作用し胸や腹部の動悸を鎮めます。桂枝の興奮を引き下げる働きとともに神経の高ぶりを鎮め、イライラ・精神不安を取り除きます。柴胡で胸部の熱を冷まして胸苦しさを取ります。半夏・生姜・茯苓で水分代謝をよくします。大黄で大腸の熱を冷ますことによって目の充血症状を緩和します。
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)の詳細はナガエ薬局

黄連解毒湯
体内の熱が強い為、血液に熱を持ち血管が充血し炎症を起こしやすくなっていて、目の充血症状が起こります。また、熱のため強い神経興奮も生じ、めまい・たちくらみなども起こります。黄連・黄ごん・黄柏・山梔子で体内の熱を冷まし充血・炎症を鎮め、みぞおちあたりのつかえやのぼせを取り除きます。山梔子は特に神経興奮を静める働きを持ち、精神不安・イライラを鎮めめまいたちくらみなどの症状を緩和します。
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)の詳細はナガエ薬局

七物降下湯
顔色がわるい・皮膚につやがない・四肢のしびれ感・筋肉のひきつりなどの血不足の症候と、のぼせ・ほてり・めまい・ふらつき・手足のふるえ・耳鳴などの症候をもなうものに使用します。高血圧に伴う随伴症状である、のぼせ、肩こり、耳なり、頭重に良く用います。また、目の充血にも使用します。当帰・芍薬・地黄・川芎は、体に栄養を与え釣藤鈎は、鎮痙、鎮静作用、軽い血圧降下作用があります。
七物降下湯(しちもつこうかとう)の詳細はナガエ薬局

杞菊地黄丸
ドライアイの症状や眼精疲労などの症状によって目が充血している人に使用します。腎・膀胱の働きがよわまって、水分代謝が悪くなり冷えやほてりや排尿異常が出てきます。さらに血液の循環も悪い為に脱力感・皮膚の乾燥・咽の渇きがあります。山茱萸(サンシュユ)は、腎・膀胱の働きを良くします。山薬で排尿異常をととのえ腰から下を温めます。地黄・牡丹皮は、血液の循環を良くします。茯苓・沢瀉は、水分代謝を整えのどの渇きを止めます。枸杞は肝臓に栄養を与え菊花は清熱効果によって目の充血を取り去ります。
杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)の詳細はナガエ薬局

清上防風湯
顔に出来る炎症性の湿疹・にきび・吹き出物・目の充血に使用します。黄連・黄ごん・山梔子で充血を取ります。桔梗・防風・荊芥・川きゅうの総合作用によって体の上部の腫れを取り去ります。またこれらの生薬は、解熱・排毒の作用があります。連翹は、化濃を防ぎます。これらの生薬の協力を得て解毒・中和をはかり首から上の赤くて大きいにきび。吹き出物の症状を改善します。
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)の詳細はナガエ薬局

苓桂朮甘湯
冷え症で腹部に振水音を感じる人のドライアイによる目の充血に使用します。消化器に停滞した体内の水分が代謝が悪いために肺の方に集まり、それが鼻水や回転性のめまい動悸・頭痛などとなって現れてきます。茯苓・白朮・甘草で消化器に停滞している水分を尿として流します。桂枝で鼻水やめまい・動悸・頭痛などの症状を緩和します。水分代謝を良くして、ドライアイを改善し目の充血を治します。
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)の詳細はナガエ薬局

加味逍遥散
不定愁訴の多い人の目の充血に使用します。冷えや・自律神経の乱れによって、ホルモンバランスが崩れ血流の循環も悪くなって、肝臓の働きが低下します。その為に便秘になったり、貧血・肩こりなどさまざまな症状が出てきます。山梔子・薄荷で自律神経を安定させます。柴胡で肝機能を高めます。当帰・芍薬・牡丹皮で、血液の働きを増すことによってホルモンバランスを整え、疲労倦怠・貧血・肩こり・便秘などの症状を改善します。肝の熱を冷まし機能を改善して目の充血を治していきます。
加味逍遥散(かみしょうようさん)の詳細はナガエ薬局

桂枝加竜骨牡蛎湯
極端に緊張しやすく、手やわきの下に汗をかくことが多い人の眼精疲労や目の充血にに適しています。桂枝加竜骨牡蛎湯は元気や機能が衰えて末梢(特に脳)への栄養がうまくめぐらず、脳の機能が低下して不安感、不眠、動悸などの神経症状を現わす人に気血不足の調整をし、竜骨・牡蛎の鎮静作用により神経症状を緩解させる処方となっています。不眠や不安などがあり、気分がイライラして落ち着かない人に処方されます。
桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)の詳細はナガエ薬局
[PR]
by mkkiri | 2013-07-29 09:58 | 漢方薬

みぞおちのつかえと漢方薬

みぞおちがつかえるのは、飲食物を消化吸収する「脾胃」の機能が低下して失調し、停滞するからです。
精神不安があったり、強いストレスを受けたりすると、胃やみぞおちの周辺が緊張して硬くなり、つかえを感じるようになります。そうなると、胸やけ、げっぷ、みぞおちが熱く感じる、といった炎症性の胃腸症状を起こしやすくなるのです。また、冷たい飲食によって胃の働きが低下し胃でチャプチャプ音がするような「胃内停水」がある場合は水毒を起こし痰濁が停滞しみぞおちのつかえの症状が出ます。


大柴胡湯
脇から胸にかけての部分に抵抗や圧痛があり、便が硬い、便秘をする人に使用します。肝機能が低下しているため、アレルゲン(原因となるもの)に対して抵抗力が弱くなり、更に体内の毒素が停滞するため、炎症や化膿及び便秘・耳鳴りなどの症状が起こります。柴胡は肝機能を高め解毒力を増す働きを持ちます。黄ごん・枳実で体内にこもった熱を冷まして炎症・化膿を鎮め、胃部のつかえや胸苦しさ・肩こり・耳鳴りなどの症状を緩和します。大黄で腸の熱を冷まし、便通をよくします。
大柴胡湯(だいさいことう)の詳細はナガエ薬局

黄連解毒湯
上半身ののぼせが強くイライラ感の強い人に使用します。体内の熱が強い為、血液に熱を持ち血管が充血し炎症を起こしやすくなっていて、のぼせや胃部のつかえなどが起こります。また、熱のため強い神経興奮も生じ、めまい・たちくらみなども起こります。黄連・黄ごん・黄柏・山梔子で体内の熱を冷まし充血・炎症を鎮め、みぞおちあたりのつかえやのぼせを取り除きます。山梔子は特に神経興奮を静める働きを持ち、精神不安・イライラを鎮めめまいたちくらみなどの症状を緩和します。
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)の詳細はナガエ薬局

半夏瀉心湯
軟便や下痢傾向にある人に使用します。口の周りににきびが出来ることもあります。食べ過ぎ・飲み過ぎのため、あるいはそれに神経的なものが加わったために、みぞおちのあたりがつかえたりします。半夏は、自律神経を安定させます。生姜・甘草・大棗は、胃に停滞している水分を尿として流し、水分代謝をよくして、吐き気、ゲップ、腹鳴、下痢などの症状を緩和します。黄連・黄ごんは、胃の炎症を鎮める働きをもっています。黄連・黄ごんは人参とともに、みぞおちのつかえをとります。
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)の詳細はナガエ薬局

六君子湯
元気がなく疲れやすい人の胃腸障害に使用します。胃に冷えがあるため胃腸の働きが悪くなり、水分代謝が悪くなっているために疲れやすい・軟便傾向・みぞおちあたりがつかえるなどの症状が起こります。人参・白朮・茯苓・甘草で胃を温め弱った胃腸の活動力を高めます。陳皮・人参はみぞおちのあたりのつかえを取り去ります。半夏・白朮・茯苓で胃腸内に停滞している水分を尿として流すことによって、水分代謝をよくしながら症状を緩和します。
六君子湯(りっくんしとう)の詳細はナガエ薬局

人参湯
手足や腹の冷え、小便が薄く多量で回数が多い、倦怠感や食欲不振などの症状をもつ人に使います。人参・白朮・甘草で消化器を温め消化・吸収する力をつけ体全体の働きを良くします。乾姜で体の内部を温めます。
人参湯(にんじんとう)の詳細はナガエ薬局
[PR]
by mkkiri | 2013-07-13 13:09 | 胃腸薬

冷房によわい人のための漢方薬

どうして同じ温度で暑いと感じる人と寒いと感じる人がいるのでしょう。
気血不足による体のバランスが崩れてしまうことが一番の原因です。ご紹介した処方が全てではありませんが、臨床上多く見られたものをご紹介しています。


桂枝茯苓丸
冷えのぼせがある人に使用します。上半身をクーラーで冷ましても上下の体温の差があるのでどうしてもクーラーに負けてしまいます。こんな人に使用します。血の熱の為に、血の停滞を起こし血液の循環が悪くなり、冷えのぼせの症状がでます。またもともとから血の循環が悪い人が、他の原因で血の停滞ができてしまい、なかなか治らずつらい症状が出ます。このような人によく使います。桃仁・牡丹皮は、血の熱を冷まして停滞している血の流れをよくします。桂枝・茯苓で皮膚表面の新陳代謝をよくし冷え・のぼせの症状を緩和します。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の詳細はナガエ薬局

五苓散
のどの乾きが強いので水分補給をしても排尿が少ない状態の人に使用します。体表部のむくみがクーラーによってさらに悪化するので体が重くなります。胃に熱があるため軽くのどが渇きます。腎や膀胱にも熱があるために体内の水分が尿として出ず、体表部に停滞しむくみの症状が現れます。猪苓で胃の熱を冷まし、のどの乾きを止めます。茯苓・白朮で体表部に停滞している水分を温めて動きやすくし、膀胱に送り出します。沢瀉の膀胱の熱を冷ます働きで送られてきた水分を尿として流し、体内の水分代謝をよくしてむくみなどの症状を取り去ります。
五苓散(ごれいさん)の詳細はナガエ薬局

五積散
体質的に虚弱で寒冷および湿気に対して順応する力が乏しくなっています。そのためにクーラーなどで気温が急激に低下したとき、また急激に湿度が高くなったとき腰・下腹・下肢に冷汗や痛みをおぼえます。白朮・厚朴・陳皮・枳殻・甘草で胃に停滞している水分を取り除きます。当帰・川きゅう・芍薬で血の冷えを温め働きを増し、造血をはかり貧血を改善します。桔梗・麻黄・白朮・乾姜・桂皮はからだの冷えを温め、総合的に水分代謝・血液循環をよくし、臓器の機能を高め症状を緩和します。

五積散(ごしゃくさん)の詳細はナガエ薬局

苓桂朮甘湯

体が冷え、腹部で振水音が聞こえる人は、急激な温度差や冷気によって余分な水分が原因で体が重くなったり、むくみが強くなったりします。消化器に停滞した体内の水分が代謝が悪いために肺の方に集まり、それが鼻水や回転性のめまい動悸・頭痛などとなって現れてきます。茯苓・白朮・甘草で消化器に停滞している水分を尿として流します。桂枝で鼻水やめまい・動悸・頭痛などの症状を緩和します。
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)の詳細はナガエ薬局

当帰芍薬散
冷えが原因でむくみ、月経不順となった人に使用します。クーラーなどによって冷えがきつくなるためにさらに体調が悪くなります。貧血・冷えの為、腎や膀胱付近の血液循環が悪くなりその働きが低下した為にむくみが生じます。当帰・川きゅうは血の冷えを温め造血をはかる働きを持っています。芍薬とともに血液の働きを増します。茯苓・白朮で冷えやむくみなどの原因となる体内の余分な水分を尿として流すことによりむくみを改善します。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の詳細はナガエ薬局

麻黄附子細辛湯
クーラーの冷気が皮膚にあたっただけでぞくぞくする人に使用します。疲労感の強い人や高齢者の寒い寒いというかぜや透明の鼻水の症状を持つときに使用します。麻黄・附子で体を温めかぜの外邪を取り除きます。細辛はお腹を温め、冷えや痛みを除き、痰を消し、咳嗽を治します。
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)の詳細はナガエ薬局

人参湯
手足や腹の冷え、小便が薄く多量で回数が多い、倦怠感や食欲不振などの症状をもつ人に使います。クーラーの冷気によってさらに悪化します。人参・白朮・甘草で消化器を温め消化・吸収する力をつけ体全体の働きを良くします。乾姜で体の内部を温めます。
人参湯(にんじんとう)の詳細はナガエ薬局
[PR]
by mkkiri | 2013-07-11 10:21 | 冷え症

よだれと漢方薬

涎(よだれ)は、唾液よりもサラサラしたものを言い、中医学では脾の働きが悪い為におきる症状と考えています。脾臓と胃の働きが正常であれば、唾液が口の中から溢れ出る事はありませんので、治療としては脾胃気虚の原因を探り、補気健脾薬の処方中心に使用します。

六君子湯
食べたものを消化吸収運搬する臓器である脾の働きが悪い為におきるびょうてきなよだれが出る人に使用します。胃に冷えがあるため胃腸の働きが悪くなり、水分代謝が悪くなっているために疲れやすい・軟便傾向・みぞおちあたりがつかえるなどの症状が起こります。人参・白朮・茯苓・甘草で胃を温め弱った胃腸の活動力を高めます。陳皮・人参はみぞおちのあたりのつかえを取り去ります。半夏・白朮・茯苓で胃腸内に停滞している水分を尿として流すことによって、水分代謝をよくしながら症状を緩和します。
療方健脾顆粒(りょうほうけんぴかりゅう)「クラシエ」 90包の詳細はナガエ薬局

苓桂朮甘湯
消化器に停滞した体内の水分が代謝が悪いために肺の方に集まり、それが鼻水や回転性のめまい動悸・頭痛などとなって現れてきます。茯苓・白朮・甘草で消化器に停滞している水分を尿として流します。桂枝で鼻水やめまい・動悸・頭痛などの症状を緩和します。よだれの多さも、水の代謝の低下が原因と考えられるますので、体を温めながら水分代謝を良くし改善します。
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)の詳細はナガエ薬局

五苓散
喉が渇き水分を多く飲むけれども、排尿が少ない人に使用します。よだれの多さも、水の代謝の低下が原因と考えられるので、水分代謝を良くする治療を行います。胃に熱があるため軽くのどが渇きます。腎や膀胱にも熱があるために体内の水分が尿として出ず、体表部に停滞しむくみの症状が現れます。猪苓で胃の熱を冷まし、のどの乾きを止めます。茯苓・白朮で体表部に停滞している水分を温めて動きやすくし、膀胱に送り出します。沢瀉の膀胱の熱を冷ます働きで送られてきた水分を尿として流し、体内の水分代謝をよくしてむくみなどの症状を取り去ります。
療方調流顆粒(りょうほうしょうようかりゅう)「クラシエ」 90包の詳細はナガエ薬局

人参湯
手足や腹の冷え、小便が薄く多量で回数が多い、倦怠感や食欲不振などの症状をもつ人に使います。人参・白朮・甘草で消化器を温め消化・吸収する力をつけ体全体の働きを良くします。乾姜で体の内部を温めます。
人参湯(にんじんとう)の詳細はナガエ薬局

四逆湯
冷えがきつく、高齢者のよだれ、特に認知症の人のよだれには良く効きます。甘草・乾姜で肺と消化器を温めます。附子が加わることによって全身が温まります。脾腎を温めることで病的よだれを止めていきます。
回陽救逆(かいようきゅうぎゃく)の詳細はナガエ薬局

呉茱萸湯
食べたものを消化吸収運搬する臓器である脾が冷えてよだれが多く出ている人に使用します。頭痛に使用しますが、必ず冷えを強く感じます。呉茱萸・生姜で胃腸を温め体を温め、胃腸の調子を良くし吐き気を改善させます。また、人参・大棗で胃腸の働きを高め、食欲を増すことによって体力を付け抵抗力を高めます。
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)の詳細はナガエ薬局

今話題の「王冠サプリ 金時しょうが」の併用もおすすめします
[PR]
by mkkiri | 2013-07-09 09:56 | 漢方薬

朝起き起きられない人の漢方

朝起きられない


苓桂朮甘湯水の代謝が悪く、胃腸に負担をかけ、体力が低下している可能性があります。特に、頭が重く、動悸があり、尿量が少ないなどの症状がある場合は苓桂朮甘湯が適してしています。消化器に停滞した体内の水分が代謝が悪いために肺の方に集まり、それが鼻水や回転性のめまい動悸・頭痛などとなって現れてきます。茯苓・白朮・甘草で消化器に停滞している水分を尿として流します。桂枝で鼻水やめまい・動悸・頭痛などの症状を緩和します。
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)の詳細はナガエ薬局

人参湯血虚、瘀血(おけつ)など貧血症で疲れやすい為に、朝、起きづらくなっていると考えらます。顔色が悪く、絶えず精気がない場合は、冷え症を改善し胃腸の機能を高め、気をめぐらす働きのある人参湯を使用します。手足や腹の冷え、小便が薄く多量で回数が多い、倦怠感や食欲不振などの症状をもつ人に使います。人参・白朮・甘草で消化器を温め消化・吸収する力をつけ体全体の働きを良くします。乾姜で体の内部を温めます。
人参湯(にんじんとう)の詳細はナガエ薬局

当帰芍薬散冷え症で、貧血傾向のある人はどうしても朝起きられなくなります。当帰芍薬散は漢方の駆瘀血剤(くおけつざい)、駆水剤(くすいざい)の代表的存在で、妊娠中や虚弱な女性の体を温め、血と水の流れを促し、体調を整える働きもあります。貧血・冷えの為、腎や膀胱付近の血液循環が悪くなりその働きが低下した為にむくみが生じます。当帰・川きゅうは血の冷えを温め造血をはかる働きを持っています。芍薬とともに血液の働きを増します。茯苓・白朮で冷えやむくみなどの原因となる体内の余分な水分を尿として流すことによりむくみを改善します。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の詳細はナガエ薬局

四物湯貧血により寝起きが悪い人に使用します。そのような場合は、血液異常を調整し、造血作用を補う四物湯がよいでしょう。この処方は出血で減った血液成分を補い、体を温める効果があります。月経不順や自律神経失調症などにも用いられます。冷えのため血液が衰え血液循環が悪くなります。また強い貧血のため血液不足となり皮膚に潤いがなくなります。地黄・当帰は血を補い血液の働きを増す作用があります。芍薬・川きゅうとともに血液循環をよくしうっ血を取り除きます。地黄は皮膚に潤いを与える働きがあります。
四物湯(しもつとう)の詳細はナガエ薬局

補中益気湯朝、起きられず、食欲がなく、手足がだるい、気力もないといった場合は、脾の機能低下による全身倦怠が疑われます。そのようなときは、補中益気湯が適しています。この処方は、軽い夏パテから食欲不振まで幅広く用いられます。体力的に弱っている為に、疲労倦怠感が強く寝汗をかいたりします。胃腸の働きが悪い為に食欲不振や、空腹感がないなどの症状があります。人参・白朮は、血液の循環をよくして体力を回復させてくれます。白朮・陳皮とともに、胃腸の働きをよくします。黄耆・当帰は、栄養を高め体の働きをよくします。柴胡・升麻で臓器の熱をさましながら胃腸の働きを整えます。
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)の詳細はナガエ薬局

当帰四逆加呉茱萸生姜湯更年期障害などによる体の不調が原因で、朝、起きられないのかもしれません。下半身の冷えや神経痛、月経痛などの症状を自覚するときは当帰四逆加呉茱萸生姜湯が適しています。長い間の冷え症で血液循環が悪くなり、末梢血管の血行不良が起こります。その為に手足が非常に冷えたり、神経痛・生理痛・頭痛などの症状が起こります。呉茱萸・生姜で体の内部を温めます。当帰で、血を温め働きを良くします。木通・甘草で血液循環を良くします。細辛で末梢の血管の冷えを温めることにより、全身の血液循環をを浴しながら症状の改善をおこないます。
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)の詳細はナガエ薬局

牛車腎気丸水分代謝の悪化から陽気不足になると朝起きられなくなります。胃腸が弱く、ふらつき、めまい、、立ちくらみなどを頻繁に感じる場合は、体を温め、血行促進と水分代謝を促し、血圧を正常に戻す働きのある牛車腎気丸が適しています。腎・膀胱の働きがよわまって、水分代謝が悪くなり冷えや排尿異常が出てきます。さらに血液の循環も悪い為に脱力感・皮膚の乾燥・咽の渇きがあります。山茱萸(サンシュユ)は、腎・膀胱の働きを良くします。山薬で排尿異常をととのえ腰から下を温めます。地黄・牡丹皮は、血液の循環を良くします。茯苓・沢瀉・牛膝・車前子は、水分代謝を整えのどの渇きを止めます。附子・桂皮で、体を温め冷えを改善します。
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)の詳細はナガエ薬局

六君子湯消化器系の不調により、体に栄養やエネルギーが行き渡らず、朝、起きられなくなります。そのような症状には六君子湯が適しています。胃に冷えがあるため胃腸の働きが悪くなり、水分代謝が悪くなっているために疲れやすい・軟便傾向・みぞおちあたりがつかえるなどの症状が起こります。人参・白朮・茯苓・甘草で胃を温め弱った胃腸の活動力を高めます。陳皮・人参はみぞおちのあたりのつかえを取り去ります。半夏・白朮・茯苓で胃腸内に停滞している水分を尿として流すことによって、水分代謝をよくしながら症状を緩和します。
六君子湯(りっくんしとう)の詳細はナガエ薬局
[PR]
by mkkiri | 2013-07-03 14:52 | 漢方薬