カテゴリ:感冒( 1 )

胃腸にくる風邪

胃腸にくる風邪の症状をもつ方が増えてきました。吐き気や嘔吐・腹痛・下痢などの症状に伴い、他の風邪と同じような呼吸器症状があります。こういう場合には「藿香正気散」がピッタリあいます。また、かぜの薬の副作用で胃腸の調子を崩してしまうことがあります。 一般の風邪薬には、解熱剤や消炎剤のように熱をとる成分が入っているため、胃腸の働きに影響を与え、消化吸収能力が低下してしまうのです。こういう場合は、脾胃を温める作用をもつ「安中散」が良いでしょう。

また、風邪薬を必要としない症状があって急に気持ち悪いという人もいます。このような人には柴胡桂枝湯があいます。

同じ病後でも、熱病や慢性病のあとでお腹は空いているのに食べられない、ゲップや胸やけがある、のどが渇く、舌が赤く潤いが少ないという症状が出たときは、胃が乾いた状態になっていると考えられますので、「麦門冬湯」で胃を潤し、正常な働きを促します。
[PR]
by mkkiri | 2013-10-24 11:01 | 感冒