カテゴリ:陰部の臭い( 1 )

おりものと漢方

おりものと漢方
 おりものとは、子宮や脛など女性性器の粘膜から分泌される生理的な分泌物のことで、閉経前の女性であれば誰にでもあります。常に脛内を適度に潤しているおりものには、免疫細胞や免疫抗体などが含まれていて、外部から侵入してくるさまざまな病原菌から女性性器を絶えず守っています。また、精子の子宮内への進入を助けるなど、大切な役割も担っています。 こような生理的おりものは、個人差はありますが一般的にはごく薄い乳白色で無臭です。多少の粘り気はあっても、ベタベタはしません。量は月経前と排卵期、妊娠中に増え、普段は下着に少量付く程度です。ところが、女性性器に何らかの疾患や異常があるときは、分泌物であるおりものの色やにおい、量に変化が現れます。 おりものが変調を来たす主な原因は、細菌による感染症です。ほかには女性性器の炎症、子宮口部分がびらん状にせり出す子宮腱部びらん、子宮がんなどがあります。中医学では、水毒と瘀血の治療を主体として考えます。


桃核承気湯便秘を伴う人に用いる瘀血の治療の漢方薬です。膀胱付近に熱が強いため、血の停滞を起こし血液循環が悪くなり、神経痛や腰痛・肩こりなどが起こります。また、熱のために便秘や神経興奮も起こり、いらいらなどの神経症状も起こります。桃仁・芒硝で血の熱を冷ますことにより、血の停滞をのぞき血液循環をよくします。甘草が働いて痛みや肩こり・冷えのぼせ・下腹部の抵抗圧痛を取り除きます。桂枝で神経興奮を静めていらいらなどの神経症状を緩和します。大黄で腸の熱を冷まし、便通をよくします。
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)の詳細解説

竜胆瀉肝湯肝・膀胱に熱があるために、血液が熱を持ち体の体液までもが熱をもちます。その為に、イライラしたり・残尿感・膀胱炎・目が赤い・不眠などの症状が出ます。竜胆草・黄ゴン・山梔子で肝の熱を冷まします。柴胡で自律神経を安定させます。沢瀉・木通・車前子で熱になっている水を尿として排泄させます。肝胆の湿熱が原因となって、膣内のおりものが化熱され粘って臭うようになります。肝胆の湿熱が原因のおりものをさばく代表処方です。
竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)の詳細解説

桂枝茯苓丸冷えのぼせがある瘀血治療の代表処方です。血の熱の為に、血の停滞を起こし血液に循環が悪くなり、冷えのぼせの症状がでます。またもともとから血の循環が悪い人が、他の原因で血の停滞ができてしまい、なかなか治らずつらい症状が出ます。このような人によく使います。桃仁・牡丹皮は、血の熱を冷まして停滞している血の流れをよくします。桂枝・茯苓で皮膚表面の新陳代謝をよくし冷え・のぼせの症状を緩和します。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の詳細解説

温清飲更年期障害や婦人の自律神経失調にともなう不安、不眠、のぼせなどの症状と出血傾向や生理の不順と生理痛、不安、不眠、のぼせなどの症状、子宮出血、月経が多いなどの症状を和らげます。また、皮膚症状としての熱感、かゆみ、分泌物などの症状を和らげます。黄連解毒湯で血熱を冷まし、四物湯で血の栄養を補います。
温清飲(うんせいいん)の詳細解説

加味逍遥散冷えや・自律神経の乱れによって、ホルモンバランスが崩れ血流の循環も悪くなって、肝臓の働きが低下します。その為に便秘になったり、貧血・肩こりなどさまざまな症状が出てきます。山梔子・薄荷で自律神経を安定させます。柴胡で肝機能を高めます。当帰・芍薬・牡丹皮で、血液の働きを増すことによってホルモンバランスを整え、疲労倦怠・貧血・肩こり・便秘などの症状を改善します。
加味逍遥散(かみしょうようさん)の詳細解説

当帰芍薬散貧血・冷えの為、腎や膀胱付近の血液循環が悪くなりその働きが低下した為にむくみが生じます。当帰・川きゅうは血の冷えを温め造血をはかる働きを持っています。芍薬とともに血液の働きを増します。茯苓・白朮で冷えやむくみなどの原因となる体内の余分な水分を尿として流すことによりむくみを改善します。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の詳細解説
[PR]
by mkkiri | 2013-03-26 09:30 | 陰部の臭い