人気ブログランキング |

過敏性大腸炎の治療と漢方薬

過敏性大腸炎の治療

心配事や悩みごとで胃痛を感じるのはよくあることですが、中には、試験日の朝になると何度もトイレに行きたくなるなど、精神的なプレッシャーを感じるとすぐ下痢をしてしまう人もいます。これは、精神的や情緒をつかさどる肝と脾の関係がうまくいっていないために起こる現象です。
こういう場合は、肝と脾を同時に治療する「逍遥散」がよく合います。ただし脾胃がもともと弱い人は、肝の働きが正常なのにもかかわらず、相対的に肝の力が強くなっている場合があります。


 こういう人は、「柴胡桂枝湯六君子湯」を併用します。このように肝と脾の働きを調和させる薬を使って治療します。
臨床では一番多い症例です。
by mkkiri | 2013-10-09 11:52 | 胃腸薬
<< 慢性下痢と漢方薬 貧血と漢方 >>