人気ブログランキング |

子宮筋腫と出血について

筋腫の治療と止血の関係

 子宮筋腫の治療で、治血化瘀薬や破血逐瘀薬を用いますが、月経時に用いると出血の恐れがあります。出血量が多い場合、慎重に用いるか、使用中止したばうがよいでしょう。子宮筋腫で月経過多を伴うとき、月経時に止血薬が必要になります。

子宮筋腫でなぜ出血するのか、それは、腫揚が血管を圧迫レそれによって血の流れが悪くなり、横から溢れ出血します。この出血は正常な経脈からの出血ではなく、「離経の血」という正常な経から離れた出血です。これは疋常な生理血でないため、止血せねばいけません。月経時においては、治療法を変える必要があります。止血しても瘀血が生じるようでは、筋腫を除く治療が無意味になりますので、止血しても瘀血にならない治療法が必要になります。

この代表的生薬が、田七人参や蒲黄です。単独では用いません。エキス剤で治療する場合気虚があれば療方昇陽顆粒と田七人参。血虚があれば、当帰芍薬散田七人参といった様に使用します。
by mkkiri | 2012-08-31 10:23 | 子宮筋腫
<< 柴胡加竜骨牡蛎湯とあがり症 痰湿 >>